So-net無料ブログ作成
検索選択
その他・総合 ブログトップ
前の2件 | -

ブログ開設してみました。 [その他・総合]

鳥取に住んで、あちこち行ったり、いろいろ食べたりしてみたことを書いてみようと思う。
誰かに読んでもらうことはあまり期待していないので、
自分のメモがわりかな。
ブログって自分をさらけ出すことになるので、これまで、いまひとつ気乗りがしなかったです。
このブログの使い方もまだよくわからないので、どうなることやら。
書きだめしたので、ブログの日付と実際の訪問日とが違う記事もありますが悪しからず。
2967569
タグ:鳥取
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

観光ボランティアガイドの世界 [その他・総合]

s_P20081019_013.jpg今日は、ある小さな町の観光ウォークに参加してきた。
街道筋にあるこの町は、特に観光で有名ではないが、
それでも史跡や街道筋の町並みの面影があり、特別に設定された本日は観光ガイドの説明を聞きながら、
町中を二時間ぐらい散策するというもの。
マイナーな郷土史にちょっと興味があるので参加申し込みしていた。
多分初めての試みなのだろう。ちょっと早めに集合場所に行ってみると、事務局はあたふたしている。
受付に行くと、「おお、もうお客さんが来た」という感じ。事務局の指示役のような年配の男性が、
受付の女性に「おお、さっそく来られたよ。練習のつもりでやってみて。」と私の横で言う。
私も思わず苦笑して「いやいや本番ですよ」と言って参加費を支払いました。
ついでに、受付が終わったときに「はい、上手にできました」と言ってあげればよかった。

ま、それはご愛嬌で、いよいよ観光ウォークは開始となった。
観光ウォークは、ベテランガイドと40代の女性ガイドが案内役として二班に分かれた。
私は女性ガイドの班でした。どうせ聞くなら女性の説明のほうがいいと思っていたので少々ラッキー。
最初の史跡スポットは、川に設けられた農業用水の水門。ここから川下の水田に水を流しているという。
ここで、一人で参加している年配の男性が観光ガイドにいきなり難問を食らわせる。
「川下の水田での、この用水の利用料はいくらなのか?」
まあ、そんなのわからないよなとたぶん誰もが思った。
観光ガイドも困って「うーん、ちょっとわかりません。」という回答。
それに対して年配の男性のキビシー発言「そういうことまで知っていないと観光ガイドは務まらん」
「実は今日、ガイドするのは初めてなので、今後勉強しておきます。説明不足でごめんなさい。」とガイドさんが言うと、
周囲からは「いいよ。いいよ。よくやってるよ。」と暖かい声。
そうすると参加者の女性から「うちも田んぼやってるけど、年間の水利用量は○○○○円ぐらいなので、
多分その程度の額ではないか」という発言があって、ほぼ一件落着。
次のスポットでも、その男性からまた難問が発せられた。
さらに付け加えて決定的発言「私も別の場所で観光ガイドをやっているが、そのくらい知っていないとだめだ。」

子供の世界でイジメというのはあるが、いい年をした世代が集まった観光ボランティアガイドの世界にも
イジメというのがあることをはじめて知った。
その男性は熱心にメモをとっていたので、相手や周囲におかまいなくそういう発言をしていたのかもしれない。
あるいは、よその土地のガイドを、ちょっとへこませてやろうというつもりで参加したのかもしれない。
どちらにせよ、結果的には、観光ボランティアガイドにおける陰湿なイジメの世界を垣間見た感がある。
年をとってから観光ボランティアも面白いかもな~と、甘く考えていた私にはちょっとショックであった。
オタクの集まりのように、いかに相手より物知りであるかを競うような世界なのかも。
会社組織とちがって、善意によって成り立つボランティアの世界というのは、そういう人が威張って生き残っていける世界なのかもしれない。給料をもらっていれば、まあ少々いじめられても我慢できるかもしれないが、ボランティアしてて仲間からそういうイジメにあうのは悲惨だなと。
まあ、今回のおっさんはごく一部の変な奴なのかもしれないが、観光ガイドに限らず、善意の世界でこういうことが有りうるということは勉強になった。
でも、イジメにあった新人ガイドさんも、気丈な女性で最後まで明るくやってました。








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の2件 | - その他・総合 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。