So-net無料ブログ作成
検索選択

2011年の智頭雪まつりも無事終了 [鳥取の景色]

s-P_20110205_122.jpg
今年は2月5~6日開催。
前日金曜日午後からお手伝いのために現地入りしました。
今回は、私以外にも助っ人を二、三人呼んだので助かります。
年明けから、智頭のアメダスデータや、鳥取雪道ナビの市ノ瀬画像をチェックしていましたが、
少しづつ智頭の雪が減っていくのが気がかりでした。
智頭に入ってみると、鳥取の冬とは思えない穏やかな晴れ。
でも、雪はそこそこ残っています。
s-P_20110204_025.jpg私が雪灯籠作りのお手伝いをするお寺の石段にも、まあまあ雪が残っていて一安心。
でも、「もう少し石段に雪があったほうが良いでしょう」ということで、
裏から一輪車に雪を積んでせっせと運びます。
気温も上がってきて汗ばみますが、運動不足の冬場には良いエクササイズ

さて、雪まつり初日の土曜日は、午後から作業継続。
一休みしたあと、五時から点灯です。
だんだん薄暗くなるにつれて、ロウソクの火が輝いてきます。
s-P_20110205_126.jpg今年は石段の灯篭数50個と過去最大規模(笑)。
さらに変化をもたせるため、一つだけ背の高い灯篭も配置しました。
通りがかった皆さん「おお、きれいだな~」と言ってくれるのが嬉しいです。






賑やかだった通りも、八時を過ぎると、人影もまばら。
今年は風も無く、穏やかな夜です。
誰もいなくなった中、雪灯篭の光が静かに輝いているのを独りでながめていました。
見に来てくれた人ありがとう。
s-P_20110205_148.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

シーラカンス携帯から、ネアンデルタール携帯へ。(IS03のケース塗装) [携帯電話]

年明け、IS03というスマートフォンというのに買い換えました。
地元のAUショップは、入荷台数が少なくて、予約して二ヶ月近くたっても入手できません。
しかたなく、在庫豊富な都内のAUショップで買いました。
購入した都内のAUショップでは「うちは代理店が強いから、新機種はたくさん入ってきます」と言ってました。AUショップって、AU直営かと思っていたのですが、関係ないみたいですね。


それまでの携帯は、4年半も使ってました。
4年半も使うなんて、若い人には信じられないでしょう~。
ガラパゴス携帯というよりも、生きる化石「シーラカンス携帯」ですね。
こまめに充電していたせいか、二次電池(充電電池)に強いサンヨー製のせいか、電池かヘタってきませんでした。
予備の電池も持っていたので、この調子では十年は使えそうな勢いでした。

iPhone、Xperia、IS03などのスマートフォンは、いろいろな種類のケースやらカバーが売っています。
ヨドバシとかに行くと、皆さん楽しそうに選んでいます。私もケースを被せることにしました。
でも、市販のケースに塗装をして、他人とは一味違うケースにしてみました。
s-P_20101219_000.jpgコンセプトは「石器」。
原始人の道具は石器でしたが、21世紀の現代人にとって、スマートフォンが石器に代わる道具です。これを表現してみました。なんて。
塗料は、米Decoart社のSandstonesという塗料。塗ると石のような質感になります。
この塗料、珪藻土やシリカなどの細かい粉と、雲母を少々、木工ボンドに混ぜたような感じです。
10年ぐらい前にホームセンターに売っていたのを買ったのですが、今は国内で手に入るのかは不明。
これを市販の硬質ケースに塗っていきます。

s-P_20101225_012.jpgケースはヨドバシで一番安い白色のケースを買いました。980円。
まずは、塗料の付きを良くするために、サンドペーパーでごしごしこすって、全体のツヤがなくなったらOK。
このSandstonesという塗料は、色も何種類かあるのですが、私は白しか持っていなかったので、水性塗料を少し加えて好みの色にします。携帯のボディーカラーオレンジと黒なので、褐色にしてみました。
塗装は、筆で塗っていきます。表面がデコボコしているほうが石っぽい仕上がりとなるので、普通の塗料とちがって刷け目を気にする必要がありません。塗料を乗せていくような感じで塗っていきます。
s-P_20110101_104.jpg一度に分厚く塗れないので、温風で乾かしながら、数回重ね塗りしていきます。縁の塗装は、ケースに携帯をはめ込むときに、ガリガリと当たってしまわないように、ぎりぎりのところで止めておきます。
全体をよく乾燥させた後、クリアラッカーまたはホビー用のつや消しクリアをスプレーして終了。クリアを吹く前に、念のため裏側をマスキングテープで覆いました。

s-P_20110220_112.jpg昔、ポケットラジオを塗ったときは、全体が石ころのような仕上がりになりましたが、今回は実質片面の塗装のせいか、あまり石っぽい感じはしません。オレンジ・黒・褐色という配色を見ると、京都みやげのような仕上がりです。ちと、渋すぎかな。
でも、このざらざらした感触はなかなか良いです。滑りません。




s-P_20110220_114.jpg

s-P_20110220_113.jpg
(表側はわりと普通です。)

s-P_20101225_027.jpg
(昔塗ったソニーのラジオと、白塗装バージョン)

s-P_20110203_116.jpg
(白のIS03に褐色ケースをはめてみましたが、似合いませんねー)

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。