So-net無料ブログ作成

タイヤ染めQを試してみた(その1:自動車編) [車いじり]

車は、タイヤとか、黒い樹脂部分(最近の車はほとんど無いけど)が真っ黒だと、
きれいに見える。

そめQ一式.jpg車のタイヤって、つや出しスプレーをかけてもしばらくするとすぐに白っぽくなる。
理由は、タイヤのゴムの中から成分がにじみ出てくるからだ、という話を見たことがあるが。

で、毎回スプレーするのも面倒なので、タイヤ染めQというのを使ってみました。
これだとタイヤの真っ黒が持続するとか。
タイヤ用でない普通の染めQ(スプレー)はよく使っているし、DIYショップに行けば普通に売っているが、
のタイヤ染めQは、近所のDIYの店では置いてないので、遠くのDIY店に遠征して買ってきました。
車用品コーナーではなくて、塗料のコーナーに置いてありました。

ちょっと値段高いが、箱の中には、液体の染めQと、
リムーバー(除去液)、ハケ、さらにプラスチックのカップとまでついている。
ただし、このカップは、よく見るとスプレー塗料の蓋だ。
これらのものが付属しているのは、それなりに理由がある(後述)。
説明書には、「まずタイヤの下半分を塗ってから、次にタイヤを半回転させてまた下半分を塗ると、
ホイールに塗料がたれない」とか書いてあります。
それはごもっともだが、それでは地面に接地しているサイド部分がきれいに塗れないではないか。

で、ともかくやってみました。
まずは、タイヤ洗うこと。タイヤって洗ってもそんなにきれいにみえないし、これが一番面倒です。
タイヤ染めQ自体は速乾性ですが、洗ったタイヤを乾かす時間が必要なので、夏場の作業のほうが効率的かも。
で、いよいよ、染めQ塗りです。
新聞紙をがっちり敷こう.jpg
気づいた点三点
1)さらさらの液体だ
これは塗料だが、「有機溶媒に色素を混ぜただけ」みたいな感じのもの(実際はいろいろ助剤も入っているのでしょうけど)なので、普通のペイントと違って、粘性が異常に低い。
つまり、普通の塗料のような粘り気がまったくなくて、それどころか、水よりさらさらかもしれない。
だから、塗ると盛大にタレます。「タイヤの下半分から塗れ」という警告(?)はごもっとも。
タイヤを伝って接地面近くの地面にタレるので、車を動かして新聞紙の上にタイヤをのせてから作業します。
うっかりホイールに垂らす確率高いので、リムーバー(除去液)がキットに付いているのは正解。

2)強い溶媒を使っている
結構キツイ有機溶媒を使っている。だから速乾性なので、これは良いことだ。
しかし、やわなプラスチック容器に小分けすると、容器が溶けます。
ヨーグルトの空き容器を使っていたら、途中で容器の底が溶けてしまい、焦りました。
キットに付いていた専用の容器を使いましょう。スプレー塗料の蓋がキットに入っていたのは、それなりの理由があったのね。
スプレー塗料の蓋というのは、それなりに耐溶媒性があるのですね。

3)けっこうたっぷり使ってしまう。
説明書には、二度塗りで四輪車五台分の量があると書いてあるが、
車のタイヤに少々ていねいに塗って、チャリのタイヤ四本分を塗ったら、一缶終わってしまいました。
私の場合、上手にぬってせいぜい四輪車二台分かなぁ。
あまり重ね塗りしないで、塗るのがコツかもしれません。
次回からは、もう少し要領良く塗れるので、そんなに消費しないかも。

塗布前.jpg
↑使用前
塗布後.jpg
黒光りして満足いく仕上がりとなりました。

塗ってから1ヶ月ぐらい経ちます。その間ほとんど走っていないのですが、
当初の黒光り度は薄れたものの、まだ黒のつやつや感は残っています。
耐久性がどのくらいなのかは、今後のお楽しみ。

その後(後日談): どのくらい黒光り状態を保ったかというと、これは判定が難しいです。たしかに普通のタイヤつや出しスプレーよりも耐久性はあるが、驚くほど長期間持つということはない。 でも、タイヤつやだしスプレーの場合、「あ、もうタイヤにつやが全然無いや。またスプレーしなきゃ」っていう感じで効力切れがすぐにわかるが、タイヤ染めQの場合、徐々につやが抜けていくので「つやが薄れてきたけど、まだ塗り直さなくてもいいかなぁ・・」っていう感じ。「コストと塗る手間」に見合った耐久性と言ったら良いか・・。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

タイヤ染めQを試してみた(その2:自転車編) [修理と改造]

その1(自動車編)からの続きです。
(タイヤ染めQそのものの話はその1のほうを見てね)
s-自転車タイヤに塗る.jpg
自動車の場合、タイヤが真っ黒だと、全体的にシマって見えてカッコいい。
では、チャリのタイヤも黒く塗ると、全体がシマってみえるかな、と思って試してみました。

塗ったのは、
BD-1の18インチタイヤMAXXIS MAX Birdyと、Glantechに付けてるツーキニスト700Cのタイヤ。
どちらも7~8年履いていますw
その1で書いたように、タイヤ染めQは、粘性がゼロで盛大に液だれしますので、
塗るときはタイヤをホイールからはずします。
普通の塗料だとしても、ホイールからはずすだろうけど。

速乾性なので、ちょっと置いてからすぐにホイールに装着できます。
ああ、リムテープを用意しといてついでに交換すれば良かった。
おまけ:700Cのほうは、ホイールにはめるときに、パンクさせてしまいました。油断禁物ですね。
チャリタイヤに染めQ.jpg
で、感想ですが、
黒く塗って車体全体がシマってみえるかなと期待したのですが、
そのようにはあまり感じられませんでした。
うーん、あまり真っ黒にはならなかったからかな。
たとえばMAX Birdyの場合は、タイヤ側面に反射テープが付いてて、そこは塗っても真っ黒になってないしね。
まあ、タイヤの種類や塗り方にもよるかもれませんので、どなたかチャレンジして感想聞かせてください。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。