So-net無料ブログ作成
検索選択

サイクリング:鳥取県を東から西に走る (二日目)関金温泉~米子駅 [鳥取サイクリング]

さて、前回・前々回に引き続き、鳥取県縦走の記録です。
我々は関金温泉に泊まりましたが、爆睡後、朝湯に入り目を覚まし、
朝食後、8時に出発です。天気も良く、今日は昨日よりさらに平坦なルートなので、
米子まで楽々到達するでしょう。
と、思いきや、途中から自転車ならではの苦しみが待ち受けていたのでした。
ま、それはのちほど。
301四台のチャリ.jpg
[BD-1とDahonがそれぞれ二台]
関金温泉の坂を下って小鴨川を渡り、昨日走った小鴨川西岸の道~自転車専用道を倉吉方面に戻ります。
走ってみると、ゆるやかに下っていることがわかります。
朝の少し冷たい空気の中を快走します。気持ちいい。
302朝の田舎道を快走.jpg
[朝の小鴨川沿いを快走]
自転車道を途中から別れて、国府川西岸の国分寺跡などの遺跡地帯を通って、下北条駅に向かいます。
自転車道の北野集落のところで左折し、丘を越えて、国府川を渡り、伯耆国分寺跡・法華寺畑遺跡に着きます。
法華寺畑遺跡は、隣接する国分寺跡・伯耆国庁跡と同時期のもので、何の建物だったのかよくわからないとのこと。
こういう遺跡が近年まで破壊されずに発掘されるところも鳥取のすばらしいところであります。
さてこの遺跡の横を通って、上神(かずわ)集落の手前から低い丘を越えて、集落内の細い道をたどりながら、下北条駅に到着。
ここまで、宿出発から1時間ちょいです。
下北条からは、北条川北側の細い道をたどり、途中、松本鉄工の工場を抜けて、由良宿に着きます。
由良宿のあたりは川幅も広く、海が近いことを感じさせ、明るい風景です。
ここでいったん由良駅前の県道に出て、コンビニで昼食を仕入れ。
由良宿の旧道に戻って、妻波・大谷の集落を抜けたところで、1台がパンク。
今回のように人数が居ると、パンクの対応も楽です。
二人が換えのチューブを入れ替えている間に、私はパンクしたチューブにパッチを貼って直しておきました。
303お約束のパンク.jpg
[パンクもサイクリングのお約束]
さて大谷の先で国道9号線を渡り、旧道をしばらく進むと、八橋(やばせ)です。
「日本型リゾートホテル」の原型として保存状態の良いB級文化財である民宿「やばせ荘」とか、小泉八雲が泊まった中井旅館とか、城下町の名残が残っています。
→以前に書いた「やばせ荘」の記事
304八橋の街並み.jpg
[八橋の家並み]
さて、八橋を過ぎると赤碕です。
赤碕では、海岸沿いに広がる西日本最大の自然発生墓地と言われる花見潟墓地を見逃してはいけまへん。
305花見潟墓地.jpg
[無数のお墓が並ぶ花見潟墓地]
花見潟墓地から国道9号線を渡って、赤碕駅前を通り、の津(のハ篦ミタイナ字)で国道9号線が見えてきますが、
ここは9号線に出ずに堅忍橋を渡ったら左前方の坂を登って、
道端の形の良い小さな松の木を通り過ぎて右折し、小さい小道に入ってください。
306形の良い小松.jpg
[近所の人が剪定しているのでしょうね]

ここを右折せずにまっすぐ行くと、大山山麓に広がる農地や、退休寺道の道標やお地蔵さんなども
あります。元気な人は寄り道して行っても良いでしょう。

ああ、だんだん書くのがおっくうになってきたス。
下北条~米子間は以前のブログに逆方向でのサイクリングを書いたので、
それを見てね。
→以前に書いた米子からの山陰道旧道の記事1
→以前に書いた米子からの山陰道旧道の記事2
→以前に書いた米子からの山陰道旧道の記事3

このころになるとだんだん向かい風もきつくなり、山陰道旧道の快適ルートのはずが、スピードがぜんぜんでまへん。
下市駅付近で12時となり昼食休憩。休憩に良い場所もなく、
無人駅のベンチで、さっきコンビニで仕入れたエサでお昼にしました。
川松原でまた国道9号線を越えます。
越えたすぐのところの九号線沿道に、鳥取県最強と思われるB級名物「木の根饅頭」が売っています。
今回参加のメンバーに、強引に木の根神社を参拝させ、かつ木の根饅頭をお土産として持たせることにしたス。
307木の根本舗.jpg
[木の根本舗]
ここから御来屋の先まで、快適な海岸沿いルートなのですが、ますます向かい風が強まってきました。
平地でも12kmぐらい出すのがやっとで、とても景色を楽しみながら走る感じではありまへん。
後醍醐天皇お腰かけ石を見た後、御来屋の先で国道9号線に合流し、国道を走ります。
このあたりは山陰道の開通により、国道を走る車が少ないかと思いきや、そこそこ交通量はあります。
歩道も狭く走りにくいです。やや疲れてきました。
淀江の台場跡で休憩し、淀江町内を抜けて、境内にJR踏切のある日吉神社を参拝。
→以前に書いた日吉神社の記事
ここから日吉津村の日野川堤防までほぼ一直線の道。
道中見えていた大山も、西に進むにしたがって少しづつ形が変化してきます。
本日はあいにく山頂に雲がかかってました。
日野川は歩行者自転車専用である産業遺産の日野橋を渡ります。
この日野橋や花見潟墓地とかは、映画「銀色の雨」にも登場します。
風も少し弱まり、青空と橋の白いトラスの対照が大変美しい。
ああ、こうやって自転車で橋の真ん中をゆっくり走ることができるのは、なんと幸せなことでしょうか。
ここまで来ると一泊二日のサイクリングもあとわずか。
308日野橋で.jpg
[日野橋の上で記念撮影]
深田氏庭園を通り過ぎて、沿道も徐々に古い商店が連なってきて、米子市街に近づいた感じになります。
→以前に書いた深田氏庭園の記事
ついに道は、商店街のアーケードとなります(アーケードを撤去するという話しもありますが)。
309アーケードが見えてきた.jpg
[元町サンロードのアーケードが見えてきた]
アーケード途中の公園にある日本最古の客車を見て、
ほどなく米子駅に到着。15時50分。ああ疲れた。
310米子駅に到着.jpg
[米子駅に到着]
駅ビル二階の閑散とした食堂で、打ち上げのビールを飲んで、
県外から来た三人は、東京・大阪・福岡に帰っていきました。
歴史と自然の鳥取サイクリングを三人は楽しんでくれたようです。
私は、三人を見送った後、山陰線で独り鳥取へ戻りました。
(完)
電子国土によるルート
(電子国土Ver.2の仕様によりIE9ではルートの赤線が表示されません。)




全国的に寒い一日でした。鳥取ももちろん。 [鳥取の地誌・天候・自然]

3313147今日は全国的にも寒い一日だったそうです。
19時までの本日の気温は、
鳥取市:最高気温11.0度、最低気温は4.1度。
最高気温11.0というのは西日本各都市の中でも一番低い。
日曜日に灯油を買っておいて正解でした。
午後から雨もやんだので外出。
大山は初雪とのことでしたが、鳥取市から望める扇ノ山も雪化粧でした。


3313148こういう日は、スーパーでシチューの具材が売れるらしい。
明日からはまた平年並みに戻るというが、
冬は一歩づつ近づいてきているようです。
(画像は県民文化会館前の紅葉と、千代川の夕暮れ)

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。