So-net無料ブログ作成
検索選択

ZC71Sのテールランプをはずしてみたら、ハンガリー製の電球が付いていた。 [車いじり]

作業のため、リアのテールランプをとりはずしました。
GARAGE YOICHI さんのブログを参考にしました。
http://gfourone.exblog.jp/3090690/

ネジ2本をはずして、あとはランプ全体を後ろに引っ張るだけですが、冬で樹脂が固いせいか、なかなかはずれません。
引っ張ってもぜんぜん動かないし、少々壊れる覚悟で死ぬ気で引っ張って、やっと外れました(大汗)。取り付け時には、しっかりとポリメイトを塗っておきました。
テールランプの裏側は赤くて、何やら竜のウロコみたいです。
s-P_20120219_069.jpgs-P_20120219_072.jpg
バックランプの球を見たら、Hungaryと書いてあります。
スズキスプラッシュはハンガリーで製造されたものが逆輸入されていると知ってましたが、「ふーん、スイフトZC71Sもハンガリーで製造されていたんだ」と思って、その場はまたテールランプを組み付けてしまいました。
s-ハンガリー製バルブ.jpg
後日、ネットで検索したのですが、ZC71Sがハンガリーで製造されて日本に逆輸入されているとの記述は見つけられませんでした。
他の電球もハンガリー製かどうかチェックしていませんので、たまたまこの電球のみディーラーでハンガリー製のものと交換された可能性もあるし、このテールランプアッセイのみがハンガリー製なのかもしれません。
テールランプ裏側に、走り書きされた手書きを見ると、なんとなく外人が書いた字体のような気もしてきます(数字8の書き方とか)。
怪しい走り書き1.jpg
まだ調べてませんが、他の部品からも、この車全体の組み立てがハンガリー製造である証拠が見つかるかもしれません。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。