So-net無料ブログ作成
検索選択

ローランド ステージピアノRD-600の鍵盤修理の思い出 [修理と改造]

s-s-E20040329_001.jpg昔、かあちゃんが子供ピアノを習わせたいというので、
「電子ピアノだよ」と言って、かあちゃんをだましてステージピアノRD-600を買いました。
もちろん、アンプ内蔵してないので、外部にアンプとスピーカーをつなぎます。
ハンマーアクション鍵盤に豊富な音源。特にピアノの音源がたくさん入ってました。
子供が一生懸命練習したせいか、ある日鍵盤が壊れてしまいました。
真ん中あたりのよく使う鍵盤が下がったままになって音がでません。
中を開けてみると、ハンマーアクションを成すプラスチックがぽっきり折れています。
エポキシ樹脂系の接着剤でがっちり接着して、修理した部品は鍵盤の高音域か低音域のあまり使わないところのものと
場所を入れ替えておきました。

で、その後も二、三回ハンマーが折れて、そのたびに、接着・入れ替えを繰り返しました。
ついに中古のアップライトピアノを購入したときに、RD-600は手放しました。
今でもRD-600を使っている人がいると思いますので、ご参考までに。
nice!(0)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 7

ローノイズ

XVも同じハンマーで昨日折れました。
プラステック部品の強度不足のようです。
調べたらココに来ていました。 ハハハ


by ローノイズ (2010-11-10 04:46) 

Gumby

コメントありがとうございます。
XV-88ですね。同じ部品使っていましたか。キーボードのいちばん大事な部分ですから、電子回路がおかしくなっても、ここは最後まで壊れて欲しくない部分です。材質の選定含めた設計ミスかもしれませんね。

by Gumby (2010-11-23 00:10) 

peach

同じ症状でしたが、おかげさまで自分で修理できました。参考になりました。ありがとうございます。
by peach (2011-12-10 14:52) 

まつひろ

私はローランドのHP335という電子ピアノを持っているのですが、同じ構造で、同じ壊れ方をし、私も何度も直しました。これはっきり言って不良品ですよね。なんでこんな作りにするんでしょうか?
by まつひろ (2012-02-13 15:26) 

Gumby

しばらくサイト見ないうちにコメントいただいておりまして、ありがとうございます。
ハンマーアクション鍵盤のキーボードですから、修理に出すにも重たいし大変です。せめての自衛策として、自分で修理するやりかたもあるよ、とご紹介したのですが、少しでも役に立ててよかったです。


by Gumby (2012-02-13 23:24) 

takeshi

同じ症状でした。参考にさせて頂いて、同じ方法で修理できました。
私の場合、全てのハンマーがヒビだらけで、定期的に壊れそうです。
毎回修理に出す場合を考えると恐ろしいです。コスト的に…。
どうもありがとうございます。非常に助かりました!
by takeshi (2012-02-14 20:49) 

Gumby

takeshiさん、コメントありがとうございました。
メーカーの設計を恨むのはさておき、
プロの人が、ステージ上で壊れたら大変ですよね。
「消耗品と考えて、二三年ごとに全部のハンマー交換してます」なんていうプロの人もいたのかなぁ。
by Gumby (2012-02-17 16:55) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。