So-net無料ブログ作成
検索選択

BR-600 Time/Valueダイアルの交換 [BR-600]

右側についているダイアルが不調だったのですが、
この不調のパーツ「エンコーダ」は、ALPS社の電子カタログから調べるとEC12E24204A2と思われた。
ALPS直販サイトがあるが、残念ながら5個単位の注文
まあ、それでも注文しようかと思っていたが、大阪日本橋の電子パーツ屋さん「デジット」を覗いたら、ALPS製ではないが、端子配置の寸法が同じで、クリック数24のものがあった。
ノブの長さがちょっと長いが、店員さんが親切でノギスを貸してくれた。
寸法を測ったりしていると、店員さんが「どうですか」と声をかけてくれる。秋葉原ガード下の売ってやる的高飛車なパーツ屋とはぜんぜん違う。s-P20090322_203.jpg
ノブの長さが気になったが、この店の親切さに負けて購入してしまった。一個150円。
BR-600を分解し、ノブは糸ノコで余分な長さを切断してから、元の部品と交換し、動作チェックして無事完了。
ダイヤルをはめると以前よりダイヤルが少し高くなったが、その分、廻しやすくなったと自分に言い訳。
(自身での部品交換は、メーカー保証・修理が受けられなくなるし、電子機器の分解・半田付けに慣れてない人は壊す可能性があるので真似しないでください。)
s-P20090322_205.jpg
nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 4

miyatch

BR-600の全く同じ症状で検索し、Gumbyさんのこの記事を見つけました。
エンコーダを交換してからの調子はいかがですか?

このパーツの交換で直るなら、私もエフェクターの自作の経験もありますし、自分で直してみようかと思います。
楽器店で見積もりをして、いざ修理となると、いくらかかるか怖いので(^^;)笑
by miyatch (2009-06-20 15:42) 

Gumby

コメントありがとうございます。
交換後、特に不具合もなく絶好調です。ダイアルをぐるぐる廻す快感が戻って満足してますよ(笑) 。
電子工作の経験があるのならトライしてみてはいかがでしょうか。
私の場合、買った部品の軸が長かったので糸ノコで切断しましたが、細かな切り屑が内部に入ったり、軸が緩む危険性もあるので、ALPS品を使うのが良いと思います。エンコーダの型番はご自身でも確認してみてください。
基盤についている不調エンコーダーをはずすのがやっかいですが、半田吸い取り線を使ってじっくりはずしてください。どうせ不調のエンコーダですから端子はニッパーで切っちゃうほうがはずしやすいかもしれません。
by Gumby (2009-06-28 14:05) 

うっぴぃ〜

過去記事にコメントしてすみません。1年ほど使ってましたが、うちも同じ症状になりました。ちょっと早く回したりしてました(汗)けど、それくらいのことでって思います。 

その後は、どうでしょうか。?

メーカーで修理しても同じ事の繰り返しなら、保険料も無駄ですし、自分で交換した方が良いように思い、ちょっと失礼しましたm(__;)m。
by うっぴぃ〜 (2012-12-26 19:15) 

Gumby

うっぴい~さんありがとうございます。
エンコーダー交換して三年半たちましたが、今のところ快調です。このダイヤルは一番よく使うところですよね。
そのうちまたダメになるかもしれないと思い、念のため予備を一個買ってあります。
BR-600も販売修了しましたが、サイズ・機能ともに気に入っていて、まだまだ現役で使っています。ミックスダウン・マスタリングの奥の深さが
手軽に楽しめるところが最高ですね。是非エンコーダーを交換して末永く愛用してください。
by Gumby (2012-12-27 00:47) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。